脱毛すると体内への影響はありますか?

強い光を照射して脱毛をするレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、もしかしたら身体の内側、つまり体内にも何かしらの影響を与えてしまうのではないかという心配がありますよね。

特に妊娠中の女性は脱毛施術が出来ないと言われているくらいですから、もしかしたら胎児に何かしらの影響を与えるから脱毛施術が出来ないのではないかと考えてしまいます。

しかし、脱毛によって体内に影響が与えられることというのはありません。レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、影響を与えることが出来るのはあくまでも皮膚のすぐ近くにある毛穴の中の毛根部分までで、それ以上身体の奥の方に光の影響があるという事ではありません。特に、銀座カラーの全身脱毛がおすすめの理由脱毛の時に優しいフラッシュを利用しているのでもともと体に影響はありませんがさらにお肌に優しいエステサロンです。

では、なぜ妊娠中の女性は施術が出来ないのか、本当は身体の奥まで光が届くから、お腹の胎児がまぶしく感じるくらいの光なのではないか?という疑問が出てくるかもしれません。妊娠中の女性が脱毛施術が出来ないのは、ホルモンバランスの関係でお肌の状態がとても不安定だからです。

決して胎児に影響が出てくるからという事ではありませんので安心してください。妊娠初期で気が付かず施術を受けたとしても、胎児には影響はありません。